« 名づけの本 | トップページ | ある人に向けたメッセージ »

2007年4月 5日 (木)

誕生日プレゼント

今日は天気いいですね~

昨日は冬到来!?って思うぐらいすごい寒かったのですね

仕事の方もだんだんと落ち着いてきて

やっとこさ日常業務に戻れそうでホットしておりますが・・

ただ今非常に困っている事がありまして

というのは今週の日曜日は嫁さんの誕生日なんですが

何をプレゼントしていいものやら(?д・)

嫁さんはあまり物欲がないので普段に欲しいものある?

って聞いてみても

嫁『う~ん 別に~』 といった具合だ

でも昨日は珍しくヴィトンの財布と言ってたが

はたしてモナ吉のポケットマネーで買える代物なのだろうか・・

いつも困ってお花になってしまうのだが

毎年お花というのも芸がないので

近々仕事帰りになんか見にいってみようかなヾ(^◇^ )

ブログランキング・にほんブログ村へ でござる

Img7af8ab61g98ytcImg7af8ab61g98ytcImg7af8ab61g98ytcImg7af8ab61g98ytcImg7af8ab61g98ytcImg7af8ab61g98ytc

|

« 名づけの本 | トップページ | ある人に向けたメッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/137038/5979026

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日プレゼント:

» ルイ ヴィトン モノグラム 財布 [ルイ ヴィトン 財布 バッグ ダミエ ヒストリー]
ルイ ヴィトン モノグラム 財布の誕生にはルイヴィトンの華麗なる歴史が関係あります。 1860年には、ルイ・ヴィトンの作る旅行用トランクが徐々に売れるようになり生産が間に合わなくなっていきました。そこで、ルイ・ヴィトンはパリ郊外にあるアニエール市というところへ工場の規模を広げるために移転することにしました。今もなお、その場所には工場があり運営され続けています。(このような事が歴史あるヴィトンの魅力でもあります... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 12時56分

» ルイ・ヴィトン ダミエ 財布 [ルイ ヴィトン 財布 バッグ ダミエ ヒストリー]
ルイ・ヴィトン ダミエ 財布を知るために、まず!ルイヴィトンの歴史を紹介します。現在では、財布やバックなどでよく知られている一流ブランド 「ルイ・ヴィトン」、その生みの親であるルイ・ヴィトンの歴史を簡単に紹介していきます。実は、ルイ・ヴィトンは生きている間にはあまり評価されず、歴史に名を残している数多くの芸術家などと同じようにルイ・ヴィトンもまた亡くなった後に一流ブランドとして高く評価されるようになりました。ヨーロッパの山岳地帯であるスイス... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 17時40分

» ヴィトン財布情報 [ヴィトン財布]
ブランドの中でも人気の高いヴィトン 色々なライン展開をし、それそれにファンがいます。 そんな人気ブランド  ヴィトンの財布を各ラインで紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 18時37分

» ルイ・ヴィトンの財布を紹介します [ルイ・ヴィトンの財布を紹介します]
天下のブランド、ルイ・ヴィトン ヴィトン好きなアナタ! 新しい財布を買おうか迷ってるアナタ! ヴィトンを持ってないアナタ! みんな集まれ〜! [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 18時58分

» ルイ ヴィトン ダミエ情報 [ルイヴィトン財布]
ルイヴィトン ダミエのRSS配信 [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 16時48分

» ブランド財布 [ブランド財布]
ブランド財布の情報をご提供しているサイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 23時24分

» ダミエの財布の魅力 [ダミエの財布とルイヴィトン]
ヴィトンの財布といえばダミエが大人気であることは言うまでもないことではないでしょうか。ヴィトンのダミエラインは濃淡のあるブラウンの市松模様(チェス盤柄)で広く知られており、このダミエのデザインは世界的に人気かつ有名なものです。ダミエの財布の形には折財布、がま口折財布、Wホック折財布、二つ折長財布、三つ折長財布など多種多様なものがあり、あなたもきっとお気に入りのダミエ財布が見つかると思います。最近登場した新しいダミエラインにダミエアズールというものがあります。色はアイボリーとグ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 13時55分

« 名づけの本 | トップページ | ある人に向けたメッセージ »